石垣山一夜城歴史公園

石垣山一夜城歴史公園

豊臣秀吉が小田原合戦の本営とした城の跡地。一夜のうちに城を出現させたように、築城したという伝承に基づいて、この名がつきました。
【POINT】
    ・石垣山城が日本城郭協会が選ぶ「続日本100名城」に選定されました。
    ・関東で最初に造られた総石垣の城。石垣をお楽しみください!!
    ・小田原城下や相模湾、天気の良い日は東京スカイツリーも見ることができます。
    ・一夜城ヨロイヅカファームで地元野菜やスイーツが楽しめます。
● 観光スポット情報
住所 〒250-0021 神奈川県小田原市早川字梅ヶ窪地内
電話 小田原城総合管理事務所 電話 0465-23-1373
ホームページ 石垣山一夜城HP
営業時間
定休日
注意事項 公園内には段差があり、車いすではご利用いただけません。
● アクセス
徒 歩 JR東海道本線「早川駅」から徒歩約50分
箱根登山鉄道「入生田(いりうだ)駅」から徒歩約60分
タクシー ・〔小田原駅から〕  約15分 
・〔箱根板橋駅から〕 約10分 (※隣接にタクシー会社有り)
・〔早川駅から〕   約10分 (※タクシー常駐なし)
バス ※バスは走っておりません。
 観光シーズンの土日のみ観光回遊バスが通っています。  観光回遊バスHP
自動車 ・〔国道1号線横浜方面から〕
  板橋交差点を左折
  箱根ターンパイク入口交差点を左折
・〔国道135号線熱海方面から〕
   早川交差点を左折(※注意! 小田原方面からは右折不可)
・〔国道1号線箱根方面から〕
   地球博物館前交差点を右折(※大型車はこちらから)
駐車場 駐車台数:58台 
駐車料金:無料 
トイレ:有

公園内について

  秀吉も家康もここから小田原城を見下ろした

全体マップ
全体面積:約5.8ha(58,000㎡)〈約17,545坪〉東京ドームの1.2倍
小田原城までの直線距離:約3km
 
本丸(本城曲輪〔ほんじょうくるわ〕)
本丸物見台からは小田原城下、相模湾はもちろん、天気の良い日は東京スカイツリーも見ることができます。
二の丸(馬屋曲輪〔うまやくるわ〕)
本丸と並んで最も広い曲輪。曲輪の中心部と北へ長方形に張り出した部分からなっています。
井戸曲輪〔いどくるわ〕・淀殿の化粧井戸
谷地形になるところを塞ぎ止めるように周囲に石垣を積み上げて、その底に井戸をつくったもの。周囲に残る石垣は一夜城の中で最もよく残っていて当時の石垣構築技術を知ることができる。
 

名称の由来について

「石垣山」「一夜城」

▼石垣山の由来
 石垣山は、本来「笠懸山」と呼ばれていたが、天正18年(1590)豊臣秀吉が小田原北条氏を水陸15万の大軍で包囲。その本陣として総石垣の城を築いたことから「石垣山」と呼ばれるようになりました。
 関東で最初に造られた総石垣の城で、石積みは近江(滋賀県)の穴太衆(あのうしゅう)〔石工の技術者集団〕による野面積み(のづらづみ)で、四百数十年の時を経ても当時の面影を色濃く残しています。

▼一夜城の由来
 この城が、世に石垣山一夜城または太閤一夜城と呼ばれるのは、秀吉が築城にあたり、山頂の林の中に塀や櫓(やぐら)の骨組みを造り、白紙を貼って白壁のように見せかけ、一夜のうちに周囲の樹木を切り倒し、それを見た小田原城中の将兵が驚愕し、士気の低下しかし、実際はのべ4万人が動員され、天正18年4月から6月まで約80日間を費やしました。

 

歴史について

名だたる武将大集結! 戦国オールスターズ

 豊臣秀吉は、天正13年(1585)に関白に任官し、その年に四国攻め、翌々年の15年(1587)には九州攻めを行い西国をほぼ平定し、残るは関東・東北となった。そこで同年暮れ、「以後、大名同士の領土の取り合いなどがあれば、関白として征伐する」という私戦禁令『関東・奥両国惣無事令(かんとう・おくりょうごくそうぶじれい)』を発令。
 その翌年16年(1588)4月に後陽成天皇を京都の邸宅兼城郭の「聚楽第(じゅらくだい)」に招き、全国の諸大名に参列を命じ忠誠を誓わせた。このとき北条氏政・氏直父子は列席せず、恭順の意を示さない北条にその矛先が向くことになる。そのような中、翌17年(1589)10月に上野国〔こうずけのくに](群馬県)の沼田城代を務めていた猪俣 邦憲(いのまた くにのり)が、隣接する名胡桃城(なぐるみじょう)を奪取。これを惣無事令違反として秀吉は11月24日に宣戦布告。
 囲む秀吉勢22万人、迎え撃つ小田原北条勢5万4千。北条側も小田原城やその支城の修築をはじめ、城と城下町を包括した総構(惣構)〔そうがまえ〕を完成させ迎え討つものの、秀吉勢の内通工作や石垣山の一夜城築城をはじめとした揺さぶりにより北条勢は士気が大幅に低下。天正18年(1590)4月3日から始まった戦いは同年7月5日に氏直が開城降伏し、ここに戦国大名後北条氏は滅亡した。
 
 

おすすめウォーキングコース

太閤一夜城と長興山・史跡のみち

「美しい日本の歩きたくなる道500選」に選定
一般社団法人日本ウォーキング協会により選定が提案され、国土交通省、NHK、全国地方新聞社連合会、共同通信社の後援を得て「美しい日本の歩きたくなるみち推進会議」によって発表された『日本の美しいと認められた道500コース』
 

【コース概要】

・箱根登山鉄道「入生田駅」~JR東海道本線「早川駅」
・歩行距離:7.5km 歩行時間:2時間10分 高低差:238.3m

 全体的によく整備された舗装路を歩き、「長興山紹太寺」などにある、戦国後期から江戸初期にかけての史跡をめぐる。特に「生命の星・地球博物館」から「石垣山一夜城」までの道沿いには動植物の案内板や、小田原攻めで石垣山に参陣した武将8人の案内板もあり、眺望もすばらしく、歴史を肌で感じるとともに、自然や生き物との出会いも楽しめるコースです。「長興山のしだれ桜」は一度は観ておきたい名所です。
 

  1. 入生田駅 → 6分 →
  2. 長興山紹太寺 → 10分 →
  3. 鉄牛和尚の寿塔 → 2分 →
  4. 長興山のしだれ桜 → 12分 →
  5. 生命の星・地球博物館 → 5分 →
  6. 太閤橋  → 38分 →
  7. 早川石丁場群 → 13分 → 
  8. 石垣山一夜城 → 34分 →
  9. 海蔵寺 → 10分 → 早川駅

ページトップ

一般社団法人 小田原市観光協会
〒250-0014 神奈川県小田原市城内1-21(小田原商工会館内)
TEL:0465-22-5002 FAX:0465-22-5027

Copyright © 一般社団法人 小田原市観光協会 , All rights reserved.