ゴールデンウィークは例大祭を見に行こう!

2021.05.13 更新

例大祭を見に行こう!!

毎年5月3日~5日に開催

5日の最終日は、松原神社の本社神輿と町内神輿合わせて約30基が集まり、町内を練り歩きます。
漁師の祭を起源とする「小田原担ぎ」という独特の神輿の担ぎかたが特徴です。

担ぎ方は「小田原流」

例大祭の特徴

漁師の祭を起源とする「小田原担ぎ」という独特の神輿の担ぎかたが特徴です。神輿を担いだまま走って突っ駆けます。
また、他の町会神輿と合体することがあり、これも小田原流の特徴。

木遣り(きやり)を歌う

例大祭の特徴

神輿を船に見立て、まず神輿を静止した状態で、木遣り(きやり)を唄います。

クライマックスは宮入り

例大祭の特徴

最終日の5日の夕方から例大祭のクライマックスとなります。
各町内の30基近くの神輿が松原神社周辺に集結し。
参道を勢いよく突っ駆け宮入りした後、順々に各町内神輿が、結びに本神神輿が宮入り。これが3時間あまり続きます。

 
 

ページトップ